出会い系GPSアプリ「スマとも」の評価・評判・口コミ・レビュー

スマともの評価・評判・口コミ・レビュー

スマともの特徴

スマともアプリ
「スマとも」(正式名称:出会い・恋活・恋愛のスマとも-スタンプ付きチャット・無料掲示板アプリ)とは、出会い系サイトのアプリ版のようなものです。

 

基本は無料で利用できますが、人気のある女性ユーザーとチャットするには1時間10ポイントが必要になります。1日1回ポイントルーレットが利用できるので、そこで1日10ポイント〜100ポイントをゲットできます。

 

本格的に利用したい人は1,800円課金することでチャットし放題サービスを利用することができます。無料でも有料でも利用できる出会い系アプリです。

 

スマともにはGPS機能が搭載されており、近場の女性を地図から把握し、出会えるシステムになっています。

 

Google Play「スマとも」公式アプリ

 

App Store「スマとも」公式アプリ

 

管理人自ら「スマとも」で本当に会えるのか検証してみた

スマともにチャレンジしてみた

スマともは1,800円払えば、チャットが1ヵ月し放題という「フリートーク機能」があるので、課金をして実際に1カ月でどのくらいラインに誘導できるのか、そして何人と出会えるのかやってみました。

 

ちなみに私は顔はバイキングの小峠に髪をフサフサにしたようなルックスをしているので、ハッキリいってブサイクです。なので顔写真は一切晒しませんでした。数を打つことと誘導技術だけで戦っていきます。

 

 

スマともに登録してみた

スマとも登録してみた

 

アイチューンズストアからスマとも無料登録&インストール
スマともアイチューンズからインストール

 

スマとも登録画面

 

登録はメールアドレスだけでできました。携帯のアドレスではなくても登録可能なので、フリーメールでも利用できます。私はヤフーのアドレスで登録しました。

 

スマとも料金プラン有料か無料か

 

さっそく1カ月メールし放題のプランを申し込みました。クレジットカードからでもアイチューンズストアのカードからでも申し込みは可能でした。

 

スマとも料金プラン有料か無料か

 

基本検索で女性探し

スマともでプロフィール検索
スマとものメールし放題のプランに申し込んだのでさっそく検索から女性を探していきます。異性の探し方は基本的に3つの方法があります。

 

マップから近場の女性を探す方法と、基本検索から漠然と近場の女性を探していくやり方と詳細検索から細かく女性を探していくやり方です。マップからと基本検索からはポイントがかかりませんが、詳細検索だと一回検索するごとに40ポイントかかります。

 

メールし放題プランは申し込みましたが、詳細検索にするとそれとは別にポイントがかかってしまい、別にお金を出さないといけません。

 

なので私は基本検索から20キロ内の女性にメールをしていき、20キロより離れた女性にはマップから探してメールをするというやり方を取りました。こうすることで検索にかかるポイント消費をゼロにできます。

 

詳細検索は同じ地域の子を検索できたりログイン3日以内の子を指定できたりと使い勝手はいいのですが、ポイントの消費が激しすぎるのがネックです。一回40ポイントですが、下にスクロールしていくとさらに40ポイント消費され、ありえない消費量なのでおすすめしません。私は一回で200ポイントくらい消費されました・・・
スマともプロフィール検索結果画面
近場の女性から一覧が出てくるので、片っ端からメールをしていきます。中には「仕事の紹介」や「キャバ勤めです。飲みに来てください」など明らかに業者のアカウントがありますが、それは無視です。

 

メールし放題サービスにしているので、とにかく数で勝負していきます。私はルックスはいまひとつで「奇跡の一枚」すら撮ることができないので、仕方なくアイコンはスーツ姿で上半身だけ撮ったものにしました。

 

やっていて感じたのですがおそらくイケメン画像、奇跡の一枚画像を持っている人は圧倒的に有利だと思います。見た目が保証されているとそれだけで優位に女性をリードできます。

 

プロフィールは300文字くらいで簡単に書きました。マイナス要素を入れたら絶対に女性から返信がないので、とにかく前向きに自慢っぽくならないように書きました。

 

メール送り放題なので気にする必要はありませんが、できるだけ可愛い子は避けました。可愛い子の競争率はめちゃくちゃ高いです。聞いた話だと一日に30通届くみたいです。

 

ワクワクメールのようなポイント制のサイトの場合は1通あたりお金がかかりますので、はじめに選別する必要がありますが、スマともは定額制でメールし放題なので、選別作業はほどほどに、とにかく数をこなしました。

 

近場の女性に絞ってアプローチをかけていきます。

 

はじめに「こんにちはー」「いまひまー?」「可愛いね彼氏いる?」など挨拶なしの一言メールだと返信率がかなり悪いです。はじめにきちんとした挨拶をした方が返信率がぐっとあがります。

 

「はじめまして○○です」と挨拶をし、これから仲良くなりたい趣旨を書いていきます。面白い系で攻めるのもいいですし、誠実系で攻めるのも良いと思いますが、一番はじめは挨拶が必須です。

 

真面目に固すぎると女性はつまらなくなって返信がなくなるので、できるだけユーモアを入れた方がよいでしょう。

 

スマとも使ってみた1
スマともを利用して巨乳美女と出会った
スマともでチャットをしてみた
中には明らかにエロを意識した女性もいました。出会い系にも多くの種類があり、真面目に彼氏が欲しい女性や婚活を意識した女性はラブサーチやOMIAIなど真面目なサービスに登録します。

 

無料アプリ系の出会い系サイト(スマとも)それもGPS機能が付いたサービスをする女性はとにかくノリが軽いです笑。属性としては、わりと遊びの要素が高いです。

 

なのでメールを送って、反応がよい場合は、ラインやカカオに誘うのもありです。

 

スマとも内でチャットをしていると、他の男性のメッセージの中に自分のチャットが埋もれてしまう可能性があります。そのためはじめは反応がよかったのに、時間が経つにつれて離脱していく女性も出てきます。

 

タイミングをみて、ラインやカカオに誘導することでそちらでゆっくりと連絡を取りあうことができます。他の男性と差別化ができるので、時期を待ってラインに誘導してみましょう。

 

スマとも内で1週間以上チャットを繰り返すことは稀です。5日〜7日したら一度ラインの方に誘ってみるのが良いです。

 

 

スマともでライン交換

スマともで看護師とライン交換した
これははじめてスマともでライン誘導した画像です。スマともをはじめて4日目で初ライン誘導できました。基本はすぐにライン誘導は無理ですが、はじめて50人くらいメールを送りまくったので中にはすぐ仲良くなりたい子もいました。

 

普通にチャットのラリーをしていたのですが、突然ライン(LINE)の交換の流れになりましたね。スマともは軌道にのるまでが大変だと思います。はじめに50通ほどメールを送りましたが、1時間経っても殆ど返信がありませんでした。

 

しかし、夜10時ごろになると「返信遅れてごめんねー」「こちらこそよろしくお願いします」などのメールが届くようになりました。私の場合は10人に1人の割合で返信が返ってきました。ファーストメールを送ってすぐは返信が全くありませんでしたが、時間が経つにつれ返信が増えていき、最後は5人同時にメールをするようになりました。かなり忙しかったです。

 

そのうちの一人が反応がよく、ライン交換できたという感じです。顔写真で勝負できない人はやはり数を打つことが大事だと感じました。

 

スマとも1週間やってみての感想と総括

フリーチャットサービスが1カ月間有効なので、スマとも1カ月活動しようと思ったのですが、結局1週間でやめてしまいました。

 

最初の3日で20キロ圏内の女性にはだいたいメールしたのですが、それからメールする異性がいなくなってしまいました。

 

結果としては、143人にメールを送り、未読無視されたのが61人、返信があったのが30人、(のうち業者が2人)実際にライン、カカオに移行できたのが8人です。
ラインに移行した人のうちで、即エッチに持ち込めたのが1人、ご飯アポ取れたのが3人、ブチられたのが1人、残りは長期戦で現在も口説き中です。

 

あらためて数値化するとすごいですね笑。スマともはとにかく冷やかしが多いと思いました。ファーストメールの時点で未読が61人ですし、女性の方にはめんどくさくなったら一斉に既読表示させる機能があるので、読まれていないメールはもっと多いと思います。

 

女は1日30通近く男性からメールが届くそうなので、仕方ないです。

 

はじめに送ったメールの7割近くは読まれず埋もれていきました。その中で反応がある子だけに絞ってメールしました。

 

スマともでは顔写真を載せていなかったので、はじめは反応がかなり悪く、こちらが一方的に質問して相手が答えて終わりという流れが続いていました。

 

ラリーをしていて、相手から返信がなくなることも多かったです。そういった状況でも粘り強くラリーをしていくと、だんだんと反応がよい子がでてきました。

 

やり取りをして4日目にラインを聞いて、それからはラインの方で普通にやり取りができるようになりました。

 

即エッチに持ち込めた子は例外で、はじめから反応がよかったのですぐにラインに移行しました。ラインの方ですぐにご飯のアポをとり、会って会話を引きだしながら口説いていると、だんだんとメスの声になってきました。

 

たぶん最初から寂しくてエッチする気だったのだと思います。ランチをしてカフェで2時間ほど会話をしてからラブホに直行です。今でも定期的に会えているので、良い出会いだったと思います。かなりラッキーパターンですね。

 

それ以外の子は、ゆっくりとラインに移行して、そこで雑談をしながらアポをとっていく感じです。現在3人とアポが取れたので、順番に初回面接してきます。

 

スマともでライン交換できた女性一覧【顔写真付き】

 

 

スマともの問題点

【スマトモ問題点1】新規の女性ユーザーが少ない

一番の問題点は登録している女性ユーザーが極端に少ないことです。スマともの広告はスマホアプリからだけですので、新規の一般女性がほとんど入ってきていません。ゆえにスマとも内部はリピーターで埋め尽くされていて、私たちのメールは軽く流れて終わりです。

 

1カ月のメールし放題サービスを申し込んでも、新規がいないため、今いる近所のユーザーにメールを送れば終わりです。実際に1週間しか利用できませんでした。簡単に登録できてしまうため、出会いに対する本気度が低く、反応が悪かったです。

 

ワクワクなどの大手出会い系サイトの場合、顔写真なしでも10通送って3〜5通は返信があり、きちんと出会いに繋げることができますが、スマともの場合は当たりくじを引くようなものです。

 

今回はたまたますぐ抱かれたい当たり女性と出会うことができましたが、そういった女性に出会わずに終わっていた可能性もあります。

 

リピーターの女性はすれた子が多いですし、「新規の女性が少ない」というのが一番の問題点だと思います。なかなか長く安定して出会いを見つけるのは難しいアプリだと感じました。

 

ワクワクなど大手のサイトは安定して新規女性が入っているので、1カ月に3,000円ほどチャージして、毎月2〜3人の女性で女性と出会っているのですが、そういった利用方法がスマともでは難しいです。

 

リアルユーザーにたどり着くには根気と口説きテクニックが必要になります。

 

【スマとも問題点2】男女比が偏りすぎている

一般的な出会い系サイトは女性が無料、男性が有料で、男性の方にメールの回数を制限したり、ポイント制でメールの数を制限しています。
また、男性から集めたお金を一般女性の集客のための広告につかうことで、男女比はバランスを保っています。

 

スマともの場合は無料系の出会い系サイトですから、男女比のバランスが崩れています。普通の出会い系サイトが男女比8:1くらいですが、スマともの場合は30:1くらいあるように思いました。とにかくライバルが圧倒的に多く、無法地帯のようになっています。

 

女の方にメールが届きすぎているので、こちらが送っても無視されたり、反応が悪かったりします。なかなか反応のある女性を見つけることができないのが難点です。

 

とにかく会員数が多く、男女比が偏っていないサイトがおすすめです。たとえばポイント制のサイトでしたら、1通あたりの料金が決められていますから、女性にたくさんメールが届くことはなく、確実に女性と出会うことができます。

 

ワクワクメールやPCMAXなどの大手の出会い系サイトがおすすめです。これらのサイトでしたら「住んでいる地域」を設定して、「ログイン順」または「登録順」をチェックしてプロフ検索をすると、確認するたびに新しい女性が入ってきます。

 

自分の住んでいる地域の新規女性をピンポイントで狙うことで、サイト慣れしていない女性と出会うことができます。

 

スマともまとめ

・最初は反応が悪いが粘り強く女性にアプローチすることで出会うことは可能

 

・新規の女性が圧倒的に少ないため長く使い続けることは難しい

 

・無料でも使えるため、初心者が出会い系の練習として使うのにはよさそう。慣れてきたら大手運営の安定して出会いを作れるサイトに移行する

 

出会い系GPSアプリ「スマとも」の評価・評判・口コミ・レビュー記事一覧

スマともをしていると自分のGPS情報から特定されるのではないかと心配になると思います。今回はGPS情報の隠し方と退会の方法について説明していきます。まずはGPS情報の隠し方について説明します。まずは右上のアイコンから設定をクリックします。下...

スマともとは?「スマとも」とはGPS機能が搭載した出会い系アプリです。近所の異性をGPSからアプローチすることができます。基本は無料で利用できますが、定額制でメールし放題などの有料プランもあります。スマともの基本的な使い方は、1.女性を検索...

スマともは基本はチャットは無料ですが、「炎」のマークがついた人気のユーザーに対してはチャットをする場合は、1時間10ポイント必要になります。男性ユーザーとして使ってみればわかりますが、女性ユーザーは炎のマークだらけで、殆どの場合でポイントが...

スマとものポイントの消費についてスマともでポイントを使うのは主に2つです。メッセージを送る時と異性のプロフィールを見る時。基本的にメッセージは無料ですが、「炎マーク」のついた人気のユーザーに対してはポイントが必要になります。そういったユーザ...

スマともオンライン情報の隠し方スマともで自分がいつオンラインをしているかどうか、相手に知られたくない時があると思います。オンライン情報の隠し方ですが、これはVIP会員にならないと隠すことができません。VIP会員になるには月額7,800円を支...

2 :名無しさんと大人の出会い:2013/09/26(木) 19:33:14.40 ID:ZxWO1bGZP チャット1時間10ポイントだっけ? わりと良心的かと思ったけど、 業者結構いるし運営会社も怪しいから最近使ってな...

スマともにはログインルーレットという機能があり、設定からログインルーレットをONにすると1日1回サービスルーレットを回すことができます。ルーレットは全部で10の当たりがあり、10×3、20×2、50×1、100×1、VIP×3です。ポイント...

スマともには「足跡機能」がついています。相手のプロフィールを見た場合は相手に自分の足跡がつきます。相手が自分のプロフィールを見た場合は、自分に足跡が残ります。足跡は「発見」の欄から見ることができます。ただしみることができるのは相手からの足跡...

スマともでは一度アカウントを削除すると、そのアカウントは二度と使えなくなります。再登録するには新しいメールアドレスで行う必要があります。新しいメールアドレスで登録すると新規登録扱いになるので初回の230ポイントを貰うことができます。一度特定...

スマともをやっていると、女性のプロフィールに炎をマークがついていることがわかると思います。この炎のマークは一体何なのか。ズバリ言いますと、これは人気が集中している女性だという印です。炎がついたマークの女性とメールをするには1時間に10ポイン...

顔写真が本人のものかどうか確認するのがアイコン認証です。アイコン認証をすると、確認済みというアイコンが出され、トップ画の顔写メがユーザー本人のものであると、他のユーザーに示すことができます。アイコン認証をしなくても顔写真は登録できますが、本...

私はスマともに2,000円弱を課金して1カ月利用してみました。そこで実際に遭遇した危険について記述していきます。ただ全体的な印象としては、危険なことはありませんでした。男性ユーザーで登録するとこちらから動かないと基本的にメールは届きませんの...

スマともではアカウントメールアドレスだけで作れるので、女性ユーザーがどのくらい男性からアプローチされているのかを知りたくて、ネカマでアカウント登録してみました。簡単にプロフィールを作成して、二十歳フリーター設定でしました。顔写真に可愛い子の...

2,000円を課金して1カ月スマともをやってみました。1カ月といっても実際は3日で近くの地域の子はすべて声をかけ終えたので、実質7日くらいです。無料系アプリにいる子はわりと軽いノリの子が多く、ライン交換はしやすかったです。ただし、それでも知...