ペアーズ ブロックされたら 非表示

ペアーズでブロックされたらどうなる?

マッチングした相手が急にメッセージ一覧から消えた

ペアーズの安全のための機能として「非表示機能」「ブロック機能」の二つがあります。

 

非表示はこちらから一方的に相手を表示させないだけで、相手の履歴は消えません。

 

ブロックはこちら側からもあちら側からも一切表示ができなくなる機能です。もちろん今までのメッセージ履歴は完全消去されます。

 

もしマッチングした相手が、メッセージ一覧から消えた場合、相手が「退会したか」「ブロックしたか」のどちらかになります。

 

相手がメッセージ一覧から消えたら、「ブロックされたのか」「退会したのか」確かめましょう。

 

メッセージ画面の下の方に「退会者を表示」というボタンがあるので、それを押します。すると退会者の一覧が出てくるので、そこで消えた相手が退会したのかどうか確認できます。

 

退会者一覧に相手の名前が出てこなかった場合、「ブロックされた」ことになります。

 

ブロックされた理由を考える

女性は基本的にいいねした相手と並行してメッセージのやり取りをしています。

 

マッチング成立した時点で、男性の方が段階を踏んで出会いまで誘導できれば、基本的に「ブロック」されることはありません。

 

pairs(ペアーズ)でブロックされた=拒絶ということですから、知らない間に不快にさせること言ったのかもしれません。一回連絡先を聞いたり誘ったりしたからといって、すぐにブロックされるようなことはありません。

 

一回誘ってダメだった場合、すぐに退いて普段通りの会話を続けていけば女性は不快に思いません。ブロックされるというのはよっぽどのことです。

 

女性の意思を無視して、しつこくした可能性があります。押すことも大事ですが、それ以上に引くタイミングも大事です。最初に軽く押してみて、反応がよくなかった場合、一回ひいて場を整える必要があります。

 

ペアーズでのよくあるやり取り初期〜出会いまでの失敗のやり取りを挙げておきます。

 

・やり取りはじめてすぐに連絡先を聞いたりご飯に誘ったりした

 

・やり目を全面にだしたやり取りをした

 

・会話の話題をこちらから提供できず、「そうだね」「うん」などずっと受け身でやり取りした

 

・初デートで、グダグダデート、体に触れる、デリカシーのない発言、店員さんへのマナーが悪かった