ペアーズ 出会えない うまくいかない

ペアーズで出会いに繋がらない5つの原因(出会えない・うまくいかない)

pairs(ペアーズ)を利用している人で、なかなか出会いに繋がらない人(出会えない・上手くいかない)、マッチングしてもすぐに音信普通になってしまう人がいます。

 

女性は「こういうアプローチ受けたらNG」というゾーンがあり、このゾーンに入るとどんなイケメンでも関係を切られてしまいます。

 

pairs(ペアーズ)初心者が陥りがちな失敗は以下の5つです。これらの行動をするとなかなか出会えません。

 

ペアーズで出会えない5つの原因

・プロフィール作成が適当
・初期段階でやり目全開
・会話のネタを出せない
・すぐに連絡先を聞いたり、会おうとしたりする
・がっつきすぎる(余裕がない)

 

では、順を追って説明していきます。

 

なかなか出会えない(うまくいかない)5つの原因

【出会えない原因1】プロフィールが適当

女性はいいねを貰ったら、必ず相手のプロフィールを見ます。

 

そこで自分の性格に合いそうかどうかチェックして、OKな場合はいいねを返します。

 

ペアーズではマッチングできるかどうかはすべて「プロフィール」にかかっており、変なプロフィールを書いていてはマッチングが成立できません。

 

女性はあなたのプロフィールからしか、あなたの人柄を判断できないので、しっかり書き込む必要があります。

 

マッチングができない、女性からいいねが貰えない人はプロフィールに問題があるので、改善していく必要があります。

 

プロフィール作成のポイントは、

 

・具体的に描写する(重要)
多くのプロフィールは「サッカーが好きです」「食べることが好きです」「インドアです」など抽象的に書きすぎて印象がはっきりしません。

 

エピソードを含め、ストーリー形式で、書くと、あなたのキャラクターをイメージしやすいです。

 

女性の脳内に「画」をイメージさせるように、エピソードを交えながら具体的に自分のキャラを示すことです。

 

プロフィールでは、「明るい友達が多いキャラなのか」「インドアだけど真面目なキャラなのか」「誠実系なのか」ハッキリさせないと、残る人が残ってくれません。

 

たくさんの女性会員の中から性格が合う人とマッチングするサービスですので、プロフィールでしっかりとアピールして、自分の立場をハッキリさせることが大事です。

 

・第三者からのポジティブな意見を伝える
人間は、情報が足りず判断できない状況に陥ると、「みんなが認めてるから」という情報に影響されやすくなります。

 

「行列のラーメン屋は、うまいんだろう」と思うのと一緒で他者の言動を参考に判断する傾向があります。

 

「よく〇〇と言われます」というように第三者からのポジティブな印象を伝えると効果的。

 

・ネガティブな要素は完全排除する(重要)
女性は、プロフィールでしかあなたの人柄を判断できません。

 

ですから、ネガティブな要素を書くとその言葉から悪い方向に想像してしまいます。

 

「全く女性からモテません」「○○が苦手です」「休日はゲームばかりしています」「友達少ないです」など書く必要のないことは一切書かないようにします。

 

マイナスな部分を書くとしたら、たとえば「勉強は全くできませんが、友達から明るくて話が面白いってよく褒められます」など、それを補うプラスの部分も必ず書くようにします。

 

【出会えない原因2】初期段階でやり目全開

ペアーズでは真面目な交際を求めている女性が殆どですから、いきなりやり目全開で「1人暮らし?」「会おうよ」「朝まで飲みたい」「家来てよ」など性的な事を匂わせる発言をすると引かれてしまいます。

 

全く顔を合わせたことのない者同士ですから、いきなり下ネタを言うと、「危険人物」認定されてすぐにブロックされてしまいます。

 

ネットではなんの拘束もない関係性だからこそ、リアルの世界以上にデリカシーを持って接する必要があります。

 

【出会えない原因3】会話のネタを出せない

すぐに女性から連絡が途絶えてしまう場合、自分から会話のネタを提供していないことが原因であることが多いです。

 

会話には必ず「話題」が必要で、話題をきっかけにして会話が広がっていきます。

 

男女では、どちらかがネタを提供していかないといけませんが、女性にばかりその役目をさせていると、女性はつまらなくなって返信しなくなります。

 

たとえば、メッセージ交換の中で「うん」「そうだね」で終わる文章ばかり送っていると、相手に次の話題のネタを提供させる役目にさせているため、相手は疲れて返信しなくなります。

 

ネタの出し方は、自分の話をしながら話題を出す方法、質問をして相手からネタを引きだす方法がありますが、自分に合ったものでよいでしょう。

 

日常のたわいのない出来事や仕事のことなど、何でもいいので、常にこちらがネタを提供していくことです。

 

 

【出会えない原因4】すぐに連絡先を聞いたり、会おうとする

女性は男性に比べて力が弱く、精神的に不安を感じやすい生き物です。きちんと連絡を取りあって、誠実な人か確かめてから出会いに繋げようとします。

 

一方男性の場合は、好きな女性ができるとすぐに会いたい、付き合いたいと感じるものです。すぐに飛び込む瞬発力があり、スピード感がありますが、女性はそうではありません。

 

周辺を固めてから一歩踏みだし、また固めてから一歩踏みだすという感じで、とにかく慎重です。

 

結局、女性の方が応じてくれないと出会いに繋がりませんから、男性側がペースを落として女性側に合わせる必要があります。

 

マッチングが成立したら、すぐに会おうとせず、まずは会話です。最低でも2週間はしっかりと連絡を取りあって性格を確認し合うことが大事です。

 

すぐに会おうとする姿勢は「不誠実」だと思われ、関係を切られる原因になります。

 

たわいのない会話→関係が深まったらデート

 

この順番は必ず守ることです。ペアーズ初心者は、連絡先を聞くタイミング、デートに誘うタイミングがつかみにくいと思います。

 

目安としては、

 

・マッチング成立してから1週間後に連絡先を聞く

 

・連絡先を聞いて2〜3週間後にデートに誘う

 

人それぞれメッセージ交換のスピードが違いますから、上記を目安に自分に合ったタイミングを覚えていきましょう。

 

ただし、中には奥手すぎる女性がいます。こういった女性はリアルで一歩が踏み出せず、ペアーズに来たものの、ペアーズでも一歩が踏み出せないで平気で誘いを断ったりします。

 

1カ月経っても、2か月経っても会おうとしない女性です。

 

そういった女性には、しっかりとこちらが説得し、多少強引に引っ張っていく必要があります。ネットでの印象とリアルの印象は全く別物ですから、まずは会ってみて関係性がスタートするものです。

 

私は、奥手女子には「実際に会って顔をみて話してみないとお互いわからないと思うから、まずはお友達感覚で軽くカフェでも行きましょう」といって約束を取り付けています。

 

【出会えない原因5】がっつきすぎる(余裕がない)

余裕のない姿は好ましく写りません。女性は男性から気遣いをされたり、余裕を持って接してくれるその姿を好ましく思います。

 

自分を大切にしてくれる人を本能的に求めているため、そういった行為にグッとくるのです。

 

可愛い子相手だとついつい気分がハイになってしまって「かわいいね」「彼氏いる?」「俺のことどう思う?」などガツガツいってしまうものですが、そういった姿勢はよくうつりません。

 

心に余裕を持つことで、相手をしっかりと見て優しい振る舞いができます。

 

pairs(ペアーズ)初期の段階では一人に絞らず、並行して女性とやり取りした方が、心に余裕が生まれやすいです。