自撮り男子のイケメンの作り方【出会い系で爆釣り】

私が行った詐欺写メの作り方

今回は私が実際に行っている詐欺写メの作り方について解説していきます。

 

1.まずは容姿を最大限整える
まずはお洒落をして自分の容姿を最大限に整えることからはじめました。元々垂れている眉毛なので、細目に剃り、上から眉ペンシルで書きました。

 

ニキビはコンシーラーで隠し、ワックスで髪を整えます。服装も大事です。私はファッションセンスには自信がないので、マネキンをそのまま買いました。

 

1万3千円〜からズボン、インナー、アウター、上着、一式が揃った服をマネキンを見ながら購入できるサイトがあります。それを利用して無難でかっこいい服を選んでそれを着ました。
『メンズファッションプラス』(モデルをみながらコーディネート一式を1万円代で購入できるサービスです)

 

詐欺写メを撮るのに、ワックスは必須です、ワックスは髪型が整えられるだけでなく、髪にツヤが出ます。束感が出ると、フツメンでも「雰囲気イケメン」くらいに見えるものです。

 

2.写真を撮りまくる
あらゆる角度から写真を撮っていきました。上から、下から、横の角度から、写真だけじゃなく、動画も活用しました。iphoneやアンドロイドのスマホには大抵動画機能がついています。

 

まず一通り動画で撮影して、かっこよく写った瞬間をキャプチャーして画像にしていきました。動画でいろんな角度から撮影していくと、自分がイケメンに写るゾーンというのがわかってきます。

 

角度だけじゃなく、笑ってみたり、目を細めたり、つむってみたり、いろんな表情をしてみました。だいたい2分〜3分撮影したら、輝く瞬間を画像にしていきました。

 

 

3.かっこよく写った写真を厳選する
たくさんとった写真の中で、特によくとれた写真を厳選していきます。何枚かは用意できると思いますが、問題は「どれが一番よい写真なのか」自分では判断がつきについことです。

 

一番よいのは友人に、婚活サイトを利用していて写真使うけどどれがいいか?と聞いてみるとよいでしょう。

 

ただ友人に聞きにくい人もいると思います。その場合、サイト内で5通〜6通送ってみては反応をみて、また違う写真にして何通か送ってみて反応をみてをしてみよいです。

 

私はヤフーパートナーで試してみました。ヤフーパートナーはヤフーメールで登録ができ、1通目のメッセージは無制限で送ることができます。無料登録可能です。

 

そこで、10通ほど送って様子みて確認してみました。自分では違いがないと思っていても、写真の撮り方で全然反応が変わるものです。

 

4つの写真を試してみましたが、一番悪い写真で返信ゼロ、一番よい写真で3通ほど返信がありました。2chには「顔面偏差値スレ」というスレがあるのでそこを利用してみるのもよいです。

 

インターネットからの出会いの場合、プロフィールの文章と顔写真の2つに依存しています。もし顔写真で写りの悪いものを使うと、そこで容姿はすべて判断されるため、次に繋がりません。

 

そのくらい顔写真は大事になってくるので、普段より少しもれているくらいの写真を使うとよいでしょう。どの顔写真が一番写りがよいかわからない人は、当サイトの問い合わせから写真を送ってください。私が客観的によい写真を選びます。

 

4.修正、加工アプリを使う
顔写真はかなりこだわっていたので、一番よい写真をさらに修正してもらいました。「美女フォト」というサイトで、4,700円で修正してもらいました。

 

美女フォトは「美男フォト」というメンズコースも用意されています。業者の人に 「現在婚活中です。ペアーズという婚活マッチングサイトで使う顔写真の修正をお願いします。具体的な修正ポイントのこだわりはありませんが、できる限りかっこよく(見栄えよく)してもらえる嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。」と言って依頼しました。

 

目の位置から、顔の輪郭から、肌質から、髪型から「整形」レベル修正してもらうことができます。
依頼→見積り→出来上がり確認→料金支払い
という流れで1日で出来上がりました。

 

元は不細工ですが、この修正のおかげで普通レベルになることできました。写メは一枚あればサイトで長く使っていけるのでお得です。

 

業者に依頼して修正できるポイント

色調補正/左右の目のバランスを整える/フェイスライン、頭の形を整える/シミ、シワ、ホウレイ線の軽減/鼻と口のバランスを整える/ボディバランスを整える

 

自分で修正したい場合は無料の修正アプリを使うとよいでしょう。有名なのは「Photo wonder(フォトワンダー)」です。

 

詐欺写メのデメリット

詐欺写メのメリットとしては、顔写真がよければ、ファーストコンタクトから出会いまでわりと簡単に持って行けることです。

 

デメリットはリアルで出会った後にあります。女性は顔写真とプロフィールから相手の人物像をイメージしながら自分とやり取りをしていきます。

 

判断材料があまりにも少ないため「美化」した状態を作りやすいです。その状態で出会ってしまうと「あれ?なんかイメージしていた人と違う」という逆ギャップが起きてしまいます。

 

デートの内容も悪かった場合、確実に2回目のデートはありません。静かにフェードアウトされて終わります。

 

詐欺写メはやりすぎると会った後でフェードアウトされることが多くなります。

 

1回目のデートで終わってしまうと、今までの「やり取りをしていた時間、苦労」「初デートの時間とお金」がすべて無駄になってしまいます。

 

詐欺写メはやればやるほどあとでしわ寄せがくるので、「実物より少しいけてる、かっこいい」くらいでとどめておくのがよいでしょう。