ハッピーメール 最終利用 ログイン時間

ハッピーメールの最終利用時間【ログイン時間】

ハッピーメールの最終利用時間

ハッピーメールでは、相手のトップページにいくと、最終利用時間(ログイン時間)が表示されています。たとえば「最終利用:6/10 16:49」といった具合にかなり具体的に最終ログイン時間が表示されます。これはWEB版だけでなくアプリ版でも同様に表示されます。

 

最後に利用した時間が細かくのっています。利用者の中には、この表示を消したいという人も多いです。

 

今回はログイン時間が問題になるケースと最終利用時間が消せるのかどうか説明していきます。

 

ログイン時間表示で問題になる時

最終利用時間が問題になるは、複数の女性と並行してやり取りをしている時です。

 

たとえば、A子とは、サイトを通じてやり取りし、既にラインに移行した。でもほかのB子、C子とはサイト内でまだやり取りをしています。この場合、頻繁にサイトにログイン時間がついたら、A子は不審に思います。

 

並行していることがもろバレなので、相手は冷めてしまうかもしれません。もっとひどいのは、体の関係を持った時、また付き合った時です。

 

特定の女性と深い関係になったけど、他にも女を探したい場合、問題になってきます。

 

エッチした女性、付き合った女性は必ずあなたがまだサイトを使い続けていないかチェックしようとします。

 

もしそこで頻繁にログインしていると女性は「わたしがいるのにまだ女漁りしている」と距離を置かれてしまうのです。プロフィールを変更したり顔写真を変えても、女漁りしていることがバレるので、同じです。

 

セフレとは縁を切られる可能性がありますし、彼女は別れ話を告げられるかもしれません。

 

最終利用時間を消すことはできるのか?

結論から言うと、ハッピーメールで消すことはできません。

 

ハッピーメールには最終利用時間を隠す設定はありません。デマ情報として「相手をブロック(無視リストに登録)すれば最終利用時間が消える」と言われていますが、それはありません。

 

実際に問い合わせてみましたが、無視リストに入れても、相手はプロフィール訪問ができ、利用時間は表示されるそうです。一度退会して再び登録しても登録IDは変わらないため、無駄です。

 

もしセフレができて、他に女を探したい場合、セフレとは切られることを覚悟で続けていく必要があります。それか、FaceBookアカウントを使って、アカウントを増やすことです。ハッピーメールは電話番号登録が基本で、1ユーザー1アカウントが基本ですが、FaceBook認証することで登録することができます。