ラブサーチの攻略方法

ラブサーチで恋人を作る!3つの攻略法!

ラブサーチはただやみくもに行動していただけではなかなかうまくいきません。攻略法をしって、コツ通り行動することが大事です。今回ワクワクメールの3つの攻略方法について解説します。攻略法は以下の3つです。

 

ラブサーチ3つの攻略方法

【攻略1】プロフィールを固める
【攻略2】ファーストコンタクトはメールで!
【攻略3】初対面での振る舞い

 

【攻略1】プロフィールを固める

ラブサーチ攻略法〜プロフィールを固める〜
あなたがたとえばウインクをしたりファーストメールを送ると、相手は必ず「どんな人からアプローチされたのか」気になるため、一度あなたのプロフィールに訪問します。

 

その時プロフィールが雑だったり、ネガティブなことばかり書かれていると相手はあなたに興味が湧かず、アクションを起こそうとは思いません。女性は男性のプロフィールをよく見ていて、そのプロフィールがダメだと、なかなか次に繋がらないのです。

 

ではプロフィールに一体どのようなことを書けばよいのか?それは人それぞれのセンスとしか言いようがありませんが、ある程度のポイントはあります。それは「丁寧」「前向き」です。

 

ラブサーチは恋活婚活目的で使用する人が殆どで、サイト内では「誠実さ」「前向き」が求められています。他のサイトでは通用するような砕けたプロフィールはラブサーチではミスマッチを起こします。

 

プロフ検索から女性のプロフィールを読んでいると、女性が求めているものは「長くお付き合いできるタイプ」だとわかります。長くお付き合いできる信頼できる人、誠実な人が選ばれやすいのです。「ただヤりたいだけの男」はNGであるのは当然です。

 

下ネタもよくありません。冗談のつもりで書いていても、まるっきりあなたのことわからない関係でいきなり下ネタをぶっこむと、相手は引いてしまいます。

 

気を付けたいのが「ネガティブな情報」です。男性の中には正直に自分の欠点を書いてしまう人がいます。「ここでは振られてばかりです」「全然モテません」「ルックスは自信ないです」「無趣味です」「毎日が暇で」など、マイナス情報を入れると、悪い方向にイメージしてしまいます。

 

ラブサーチであなたの人がらを判断するのはプロフィールしかないので、ここは慎重にならないといけません。マイナスな情報を書くよりは「自分でいうのもあれですが」など前置きをおいて、自己アピールをした方がよいです。

 

また、「付き合って癒されたい」「甘えたいです」など受動的な言葉もNGです。自分からリードするという気持ちを出した方が返信率は上がります。

 

以下にプロフィールの作成例を記入しておきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

はじめまして!●●在住の××歳です。
プロフィール見てくれて、ありがとうございます!
普段は、△△の仕事をしています。たまたま、ラブサーチを見つけて登録してみました!
休日はみんなで◎◎をしたり、
新しい場所に出掛けるのが好きで、
天気のいい日はふらっと買い物に出かけたりしてます。
恋愛に関しては、□□なタイプで、◆◆には弱いです。笑
普段出会えない方とめぐり逢えたらと思っています。
もし、少しでも気になって頂けたらよろしくお願いします!!

 

プロフィール読んでいただき、ありがとうございます!
はじめまして!●●住まいの××歳です。出身は△△です。
学生時代から◇◇が好きで、今も週末は◇◇を続けています。
また、子どもと遊ぶのも好きで、
友人の家で、子どもとよく戯れています。笑
最近、周りでも結婚が増えてきて、少し意識し始めています。
もちろん、相手ありきですが、大切な時間を一緒に過ごしていく人と
めぐり逢いたいなと思っています。
よろしくお願いします。

 

はじめまして!
●●在住の××歳です。
プロフィールを見ていただきありがとうございます。
いい出会いがあればいいな、と思って登録しました。
性格は◇◇で、いつも友達に●●な奴だな?と言われています。笑
音楽が好きで、△△なんかを聞いて、気晴らしをしています!
新しいことにチャレンジするのも好きで
最近は■■をはじめてみています。
もし、詳しい方がいらっしゃったら教えてください。
一緒に楽しく過ごせる方と恋愛がしたいです!
少しでも興味を持っていただければうれしいです!
よろしくお願いします。

 

 

プロフィールではすべて正直に記入すべき?

プロフィールの文章と同時に、基本項目も大事です。いわゆる「男の条件」で、年齢、身長や体型、学歴、職業、収入に該当します。

 

特に女性は「年齢」「身長」「収入」はよくチェックしています。条件ありきで関係をはじめる人さえいます。嘘はよくありませんが、最初に条件から入るシステムなため、そこをクリアしないと次に進めません。

 

私は「許される嘘」と「許されない嘘」があると思っています。たとえば高卒なのに大卒と書いたり、職業をまるっきりデタラメ書いたり、それらは許されない嘘です。

 

理由は簡単で、会って話した時すぐにバレますし、相手を騙すことになります。ですが、「盛る」ことは大事です。例えば年齢ですが、マイナス5歳くらいまでなら、そう見えなくもないという範囲で許される場合もあります。

 

実年齢が47歳の場合、客観的にみて40代前半に見られてもおかしくない人であれば、多少年齢を変更してもよいでしょう。

 

【攻略2】ファーストコンタクトはメールで!

ラブサーチで男女が発展していく大まかな流れは

 

1.ファーストコンタクト
2.女性が男性のアプローチをみて、プロフ訪問。OKならメール返信をくれる
3.たわいのないメールで関係を温める
4.1週間〜2週間ほどメール交換したら連絡先交換
5.さらに3週間ほどやり取りしてデートの約束

 

この中で一番大事なのが「ファーストコンタクト」です。女性はラブサーチに登録すると、1日で15通〜20通のメールを受け取っています。

 

男性がメール送り放題なのと、やはり出会いは男性にニーズが強いので、女性はガンガンメールを貰います。1カ月で100通以上のアプローチメールを受け取っています。

 

これは条件の悪そうな女性もそうで、多くの男性会員は「女性」というだけで無条件に多くのアプローチメールを送っているのです。とにかく競争率が激しいので、「入り」はとても大事です。送信したメールが読まれずに捨てられることもあります。

 

ですから、男性側の戦略としては「丁寧なファーストメール」と「数を打つ」です。返信率は1割〜2割程度なので、それを前提に1日に5通〜10通まめにメール作成して送信します。30通も送ると必ず何人か返信をくれるので、その子とは丁寧にメールをしていきます。

 

「入り」で挫いたら次につながりません。最初は丁寧な口調で「自己紹介」を記入し、続いて相手のプロフィールをネタに話題を振ります。

 

相手のプロフィールを読み解くチカラです。たとえば

 

婚活している人と出会いたいです。
27歳〜44歳くらいまでの人で素敵な人と出会いたいです。
私はクリエイターです。まだまだ未熟ですがよろしくお願いします。
カフェや食べ歩きが好きです。
美術、音楽、料理、旅行も好きです。
自然が好きです。
あと、犬を飼っているので犬が大丈夫な人だといいな。

 

というプロフィールがあれば、「食べ歩き」「美術」「音楽」「料理」「旅行」「ペット(犬)」というネタがあります。

 

「僕もたまにですけど料理します。得意料理とかありますか?」「私も犬を飼っています。柴犬ですけど可愛いですよ。犬種は何ですか?」「旅行好きなんですね!どんなところ行くんですか?」という感じで話題を広げてきます。相手女性の話しやすい話題なので、初メールでも返信がきやすいです。

 

とにかくファーストコンタクトで上手くいかないことが多いので、そこは数を打って、気合いで乗りきります。ファーストコンタクトさえうまくいけば、普通にメールをして、仲良くなって飯に誘えばいいだけです。

 

 

【攻略3】初対面での振る舞い

ラブサーチ攻略法〜初対面〜
女性はネットからの出会いに対して「不安」を抱いています。私がこれまで出会ってきた女性はみな、会った後で「初めて会う時って怖くないですか?」という話題を必ず振ってきました。

 

男性が思っている以上に、ネットからリアルの移行は不安なのです。

 

ですから、この不安を刺激させるような誘い方は基本的にNGです。夜から会うとか、いきなり飲みをするとか、そういう誘い方ではなかなか応じてくれません。

 

その場ではOKしてくれても、当日ドタキャンなんてこともあります。初対面でも同じで、女性は警戒しているので、自然体で丁寧な言葉遣いがよいですね。

 

初面接はお昼のランチとか、平日の夜だったら2時間〜3時間と時間を決めて会うとか、あとは、予め待ちあわせ場所と向かう場所を伝えておくのもよいでしょう。どこどこでデートして何時に解散する、と予め伝えておけば相手は安心できます。

 

人通りの多い場所で待ちあわせするのもよいです。できるだけ女性が安心できるように配慮すると、ドタキャン率がグッと下がります。