ラブサーチのメール機能

ラブサーチのメール返信率とファーストメールの送り方!

ラブサーチはメール1通につきお金がかかる?

ラブサーチでは、女性は完全無料、男性は月額料金です。1カ月決められた額を支払えば、サービスはすべて使い放題になります。

 

メールも送り放題です。男性は何カ月単位で申し込むかによっても値段は変わります。月額2000円〜3980円です。

 

女性にいくらメッセージを送っても毎月支払う金額は同じです。ですから、1カ月でできるだけ多くの人にアプローチして、自分に合った人を探すのがよいです。

 

「数打ちゃ当たる」という考えですね。今回はこのメールの機能について解説していきます。

 

ファーストメールの返信率は?

ラブサーチでは、女性は登録するとすぐにたくさんの男性からアプローチメールが届くようです。多いときで1日に20通〜30通、平均5通〜10通届きます。

 

1カ月で200通も〜300通も届くのです。実情そのメールのほどんとは読まれずに捨てられます。女性は登録して何通かメールが届いて、その中からプロフを見て「いいな」と思った人を選んでメールを送ります。

 

その人とメールをしてみて違和感がなければ、そのまま仲良くなってデートに進み、デートが上手くいけば付き合って退会してしまいます。僕たちのメールは常に「ライバルと比較されている」ことを忘れてはいけません。適当に送ったような言葉遣いの悪いファーストメールでは無視されて終わりです。

 

また、3人〜5人程度しか送らずにいると、数が少なすぎてうまくいきません。ラブサーチの返信率は1割〜2割です。

 

10通送って2通程度返ってくると思ってください。ファーストメールが返ってきてもお互いのフィーリングが合わないと、フェードアウトされてしまいます。

 

実際ファーストメールを送って、そのままメールが続く人ができるのに、30通〜50通は必要なのです。ですから、新規登録者を含め、こまめにプロフ検索をかけて、女性を探してはメールを送っていきます。

 

私は1日に最低5通は送っていました。多いときで20通は送ったと思います。とにかく当たりくじを引くまでは、辛抱強くメール作成する必要があります。

 

ファーストメールの送り方


ラブサーチはのサイトイメージは真面目で誠実で、ユーザーはそのような人が多いです。ファーストメールでいきなり「やぁからもう」「プロフみたよ。メールしよ」など挨拶のないタメ口はNGです。

 

チャラい系の出会い系ならそれで通用しますが、ラブサーチでは難しいです。ファーストメールでは必ず「初対面の挨拶」「簡単な自己紹介」を入れます。それを入れたあとに、話題を振っていきます。

 

私は時間をかけてメールを送る時は以下のメールを送っています。

「○○さん、初めまして、○○といいます。プロフィールをみていいなと思ったんでメールさせていただきました。仕事は都内で○○の仕事をしています。決してイケメンではありませんが、一緒にいて恥ずかしくないタイプだと思います。明るく元気がいいのが取り柄です。食べ歩きが好きなんで、お店もわりと詳しいです。○○さんはお好きな食べ物とかありますか?仲良くなれたら軽くお茶なんてできたら嬉しいです。よかったらメールでお話ししませんか?よろしくお願いします」

 

顔に自信がある人は、ファーストメールに顔写真を添付するとよいでしょう。やはり顔写真があった方が返信率は高いです。

 

メールの返信が貰えたら

1日に5通〜10通毎日メールを送っていたら、必ずメール返信をくれる子がいます。ただその返信を貰ってからが勝負です。

 

前述した通り、女性は選べる立場にいるため、デリカシーに欠けるメールを送ると一瞬で返信がなくなります。まずは基本として「返事をくれてありがとう」という態度をずっと続ける必要があります。

 

相手からメールが届いたらできるだけ早くメールを送るようにします。相手は日中は仕事をしていて、まとまったメールができる時間は限られています。

 

お互いが時間ができて、メールの頻度が多くなった時が勝負です。短いメールを何通もすれば、距離は一気に縮まります。私の経験からすると、夜の10時〜深夜の1時までがメールができる子が多いですね。

 

こちらに時間があっても、あちらが時間に追われていたらメールできませんし、逆もしかりです。入れ違い状態になっていては、メール返信はドンドンと遅れていき、最後にはフェードアウトされてしまいます。

 

とにかく速いテンポでメールを送って、「まとまったメールができる時」を待つのです。

 

男というものは、メールのやり取りをして3日もすれば「会いたい」と思ってしまいがちですが、そこはグッと我慢しましょう。女性は「我慢強く信頼できる男」を探しています。

 

すぐに会いたがる男はすぐにやりたがる男と見られてしまいます。私の場合最低でも1週間はメールだけに集中しました。1週間もメールをすると「連絡先交換(LINE交換)の話」や「食事の話」が自然と出てくるので、そこで次のステップに進みます。

 

ラブサーチ内でアポ取りもできます。「気になるお店があるんですけど」「一度お茶でもしてお話ししてみませんか」という話題が自然ですね。

 

ファーストメールの時点で「仲良くなれたらお茶したい」と布石を打っています。そもそも会う気のない子はファーストメールの時点で離脱しています。関係が深くなったら、予定通り、お茶に誘ってみましょう。

 

 

ラブサーチのメール機能


・フォルダ管理→メールに届いたメールをフォルダーごとに分類ができます。たとえば友達から届いたメールと恋人候補から届いたメールを分けるとか、フォルダー分類ができます。

 

・メール転送設定→普通、ラブサーチのサイトにアクセスしないとサイト内にメールが届いているのかどうかわかりません。
しかしこのメール転送機能を使えば、ラブサーチ内に届いたメールがあなたが登録したメールアドレスにもお知らせとして届くようになります。
これを使えば、受信したか一回一回ラブサーチにログインする必要がなく、メールの確認だけ行えばよいです。「すべて転送する」を選べば、お知らせメールが届くようになります。

 

・ブラックリスト→ブラックリストに入れると特定の相手のメールを受信拒否にできます。迷惑メールなどしつこい相手はブラックリストに入れましょう。その人からのメールが一生届かなくなります。

 

メールBOXの送信箱にあったメールが消えました

お相手がメールBOXの受信箱に届いたメールを削除した場合、あなたのメールBOX送信箱に保存されているメールも削除されます。

送信済みメールがメールBOX送信箱に残らない

送信箱に残らない要因は以下の2つが考えられます。
・お相手のブラックリストにあなたのユーザーIDが登録されている
・相手が退会した